Month: August 2019
低用量ピルは病院と通販どちらが安い?

性行為のときにコンドームが破れてしまった、途中で抜け落ちてしまったなどの理由によって、確実と思ったはずの避妊に失敗してしまうことは意外とあるもので、コンドームによる方法の場合、5パーセント程度は避妊に失敗する可能性があるというデータもあるくらいです。 こうした場合、そのままにしていては望まない妊娠をしてしまうことになりますので、アフターピルとよばれる、特別な錠剤をすみやかに服用することが必要となってくます。 アフターピルにもいくつか種類がありますが、はじめから事後的な避妊専用につくられている錠剤であれば、原因なった性行為の72時間後までのできるだけ早い時間に、1回だけ服用するというのが正しい服用方法といえます。 また、専用のピルではなく、性行為をする前の段階で計画避妊するために使われている一般的なピルをアフターピルとして用いる場合には、同様に72時間以内で1回服用し、その後12時間経ってからもう1度服用するという方法をとることがあります。 この場合、服用する錠数については、一般的な事前の避妊に使う分量よりも多めになってきますので、医師の指示にしたがうことがたいせつです。 アフターピルを正しい方法で服用した場合には、まず排卵が抑制されて受精ができなくなるとともに、服用のタイミング的に受精をしてしまった後でも、受精卵が子宮の内側に着床して妊娠が成立することも抑制されますので、ダブルの効果で事後的な避妊を行うことができます。 そうはいってもかならず避妊に成功するというわけではなく、1割から2割程度は失敗してしまうこともあるといいますので、まずは排卵抑制から効果を発揮するように、できるだけ早めに服用するのがポイントといえます。

2019年08月19日