Month: September 2019
アフターピルは排卵の時期をずらすことができる薬

アフターピルは避妊に失敗したときに、妊娠を回避するために女性が飲む薬です。 近年は通販でも購入することができますが、身体に関わることですから、産婦人科で診療してもらい処方してもらうことをおすすめします。 保険の適用がききますし、副作用が以前と比べて非常に少なくなり、避妊の効果が高くなるという魅力があります。 海外ではすでに広く普及されていましたが、日本では海外ほどは普及していませんが、少しずつ使用する女性が増えています。 アフターピルは、卵巣から作り出される2種類の女性ホルモンを科学的に合成したもので、女性ホルモンを利用して排卵を遅らせたりする効果があります。 排卵を遅らせることで、受精卵が子宮内膜への着床をしにくくすることで妊娠を防ぐ仕組みになっています。 ただ、性交後、72時間以内にアフターピルを服用しなければ、妊娠を回避することができなくなってしまいます。 性交後なるべくすぐに薬を飲んだほうが効果が高く、時間がたてばたつほどに妊娠を回避できる確率が低くなってしまいます。 アフターピルは、妊娠回避薬としてだけでなく、不妊治療をしている方や、生理不順、月経前症候群の症状がひどい場合にも産婦人科で処方してもらうことができます。 アフターピルは排卵日を整えることができるので、妊娠を希望する方や、大事な旅行やイベントのときに生理になりたくないという場合にも使われます。 生理前は腹痛や腰痛、頭痛など体調が悪くなる女性も多いですが、それは排卵により女性ホルモンのバランスが崩れるからです。 大事なイベントを生理による体調不良で損ねたくないというときは、産婦人科に診察してもらい、アフターピルを処方してもらい、ピルを飲むタイミングを指導してもらうことをおすすめします。

2019年09月21日
緊急用ピルの種類と価格比較

女性が性行為をすると、妊娠の可能性が付きまとうのは当然のことです。 性行為の最中に、コンドームなどで避妊を行っていても、着けるタイミングが悪かったや、コンドームに破損があった、もしくはつけることが間に合わず膣内で射精した可能性があったということも時にはあります。 また時には望まない性行為を強要されることも考えられます。 女性も自分の身は自分で守るものです。 そのような事態から妊娠を避けるためには、アフターピルという存在が重要です。 このアフターピルはいくつかの種類が出回っています。 一般に自費診療で処方になるので病院に行き、自己負担で医師に処方を受けることになります。 しかし、病院の処方は高価であることが一般的です。 最近ではインターネットでも多くのアフターピルを購入することが出来ます。 アフターピルとしては、アイピルがよく知られていて、性行為後24時間以内に接種すると95%の確率で妊娠を防ぐことが出来るという理由で人気があります。 これは一箱で1400円程度で購入可能です。 またマドンナというアフターピルもあり、これも性行為後早い段階で接種するほど、妊娠を予防する効果が高く人気があります。 これは一箱1300円程度です。 次に次世代緊急避妊薬としてエラワンというのがあり、これはこれまでの性行為後72時間以内に服用するものと異なり、性行為後5日以内に服用して効果があると言われます。 これは一箱5000円程度です。 いずれにしてもどの種類も病院で処方を受けてもインターネットで購入するとしても自費で購入しなくてはいけないのですが、アフターピルの効果は高いものになっています。 ただし大切なことは正しい服用方法と正しい服用量を守って内服をするということが重要です。

2019年09月06日